ウガンダ保健相、患者に扮して病院潜入 賄賂要求の職員を摘発

ウガンダ保健相、患者に扮して病院潜入 賄賂要求の職員を摘発

  • AFPBB News
  • 更新日:2017/09/17
No image

ウガンダのサラ・オペンディ保健相。首都カンパラで(2017年6月20日撮影)。

【AFP=時事】ウガンダのサラ・オペンディ保健相は16日、一般の患者を装って自ら病院に赴き、政府の無料医療サービスを受ける対価として賄賂を要求した医療従事者2人を摘発したとAFPに明らかにした。

「その病院の職員が患者からお金を巻き上げているとの苦情が多数寄せられていた」と語ったオペンディ保健相は、身分を隠すためにベールをかぶり、ボダボダと呼ばれるバイクタクシーに乗って首都カンパラにある病院に赴いたという。

同保健相はその病院で一般の患者を装い、「すべて無料で受けられることになっている」いくつかの検査を受けたところ、15万ウガンダ・シリング(約4600円)を支払うよう言われ、「お金はないと言ってもしつこく要求された」という。

さらに、看護助手からある試験紙をもらってくるよう指示されたが、看護助手からも金銭を要求されたという。「彼女(看護助手)にお金を払ってから警察を呼び、警察は職員2人を逮捕した」と同保健相は語った。

医療従事者の月収がわずか70ドル(約7800円)ほどとされるウガンダの公立病院では、患者から金銭を巻き上げる行為が横行してるという。【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
豪で皮膚の欠損招く感染症広がる、有袋類の急増に関係との見方も
北朝鮮「日本人拉致40年」の新証言!(1)「儲け話」で誘い出し...
南シナ海の海底で初めてむき出しのメタンハイドレート発見―中国
5メートルのワニ、殺される=警察が捜査、他が凶暴化の恐れ-豪
Uber、ロンドンでの営業免許を剥奪される
  • このエントリーをはてなブックマークに追加