H-IIAロケット35号機現地取材 - 打ち上げ時刻が正式に決定、ウィンドウの長さには注意!

H-IIAロケット35号機現地取材 - 打ち上げ時刻が正式に決定、ウィンドウの長さには注意!

  • マイナビニュース
  • 更新日:2017/08/10
No image

三菱重工業(MHI)と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は8月10日、H-IIAロケット35号機の打ち上げ時刻を、8月12日の13時40分00秒に決定した。同ロケットは、準天頂衛星システムの3号機である「みちびき3号機」を搭載。もともとは11日の打ち上げ予定だったが、天候上の理由により、12日に延期されていた。

1つ注意して欲しいのは、打ち上げウィンドウの長さだ。今回のウィンドウは、13時40分00秒~22時14分00秒と8時間以上もあり、比較的ウィンドウが長い静止衛星としても、かなり異例の長さだ。天候や機体の状況によっては、打ち上げが夜に延びる可能性もあるので、見に行く人は気をつけて欲しい。

なお2カ月前に打ち上げ日が発表されたとき、ウィンドウは「14:00頃~23:00頃」となっていたが、"頃"が付いていることから分かるように、これはあくまでも目安。打ち上げが近くなり、より詳細に解析した結果、それよりも20分早まっただけであり、特に何か大きな変更があったわけではないということだ。

今後のスケジュールであるが、まず機体移動が12日の深夜0時頃から開始される予定。H-IIAロケット35号機は、固体ロケットブースタ(SRB-A)が4本の204型に、大きな5m径の5S型フェアリングが搭載される。これは、2006年12月の11号機以来というレアなスタイル。H-IIAロケットでは筆者が最も好きなコンフィギュレーションであり、こちらも注目だ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
日本酒の空き瓶に入れた油汚れ洗剤 客が飲んで口の中ただれ 秋田の居酒屋
地域と大学、社会人と学生の壁をとっぱらおう
日本の学校は地獄か...いじめ自殺で市教委がとった残酷すぎる言動
「公妨だ!」警官10人に取り囲まれ、執拗な所持品検査...エンジニア男性が国賠提訴
唐津の発電所で風車1基燃える
  • このエントリーをはてなブックマークに追加