2018年大本命のカメラが来た。富士フイルムの新たなフラッグシップ機「FUJIFILM X-H1」

2018年大本命のカメラが来た。富士フイルムの新たなフラッグシップ機「FUJIFILM X-H1」

  • ギズモード・ジャパン
  • 更新日:2018/02/15
No image

Image:富士フイルム

もう、欲望にあらがえない……。

富士フイルムは、ミラーレス一眼のフラッグシップモデル「FUJIFILM X-H1」を3月1日より発売します。

富士フイルムのデジカメといえば、その画質が特徴的。国内唯一のフィルムメーカーが丹精込めて作り上げた画質は、それはそれはいいものです。僕は、ミラーレス一眼のX-M1とコンパクトデジカメX20を所有していますが、どちらもすばらしい写真を描き出してくれます。

これまで、X-Pro2、X-T2というフラッグシップ機がありましたが、これからはX-H1がフラッグシップの位置づけになるようです。

ボディは、マグネシウム合金製で、高耐性・高耐久仕様。その上、防塵防滴耐低体温となっており、あらゆる状況下で信頼できる仕上がりとなっています。

撮像素子はAPS-Cサイズの「X-Trans CMOS III」を搭載。有効画素数は2430万画素。背面液晶は約104万画素の3型3方向チルトTFT液晶です。EVFは倍率0.75倍、369万ドットと高精細。表示タイムラグは約0.005秒、フレームレートは約100フレーム/秒と、かなりなめらかです。

新機能として、最大5.5段のボディ内手ぶれ補正機能を搭載。そして、シャッターは「フェザータッチシャッター」を採用。繊細なフィーリングでシャッターを切ることができます。

AF精度も向上しており、連写も最高14コマ/秒。数値的には何の文句もありません。十分すぎます。

そのほか、動画機能も性能アップ。新たに動画用フィルムシミュレーション「ETERNA」が追加されています。映画用撮影フィルムをシミュレートしており、落ち着いた発色とシャドウトーンが特徴です。

デジタルシネマのアスペクト「17:9」にも対応。そのほかハイスピード動画や動画撮影時にサイレント操作ができる機能も搭載されるなど、動画撮影にも積極的に使っていけるスペックとなっています。

No image

Image:富士フイルム

別売りのパワーブースターグリップ「VPB-XH1」を着けた状態。かっこいいですね…。かっこいいですよ!

価格は25万8660円(税込)。これまで、富士フイルムのXマウント導入を何度も考え、思いとどまってきたのですが、今回ばかりはヤバいかもしれません…。ただ、ここで富士フイルムのシステムに足を踏み入れると、GFXという大物が待ち受けている…。

とにかく! まずは実機を触ってからだ!! 待ってろ、X-H1!!

Image:富士フイルム
Source:富士フイルム

(三浦一紀)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
Veilは超心配性な人びとのためのプライベートブラウジング機構
Excelはもう古い?ビジネスマン必見のデータ分析最強ツールとは
Huawei MediaPad M5発表。筆圧感知ペンやLTE対応、Harmanクアッドスピーカーを備えたプレミアムAndroidタブレット
RAVPower、iPhoneへの7.5W急速ワイヤレス充電が可能なモバイルバッテリーを発売
"マイニング"をターゲットに狙いが広がるマルウェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加