稲穂の犬を園児たちがよいしょ! 40年続く恒例の「干支引き」

稲穂の犬を園児たちがよいしょ! 40年続く恒例の「干支引き」

  • sippo
  • 更新日:2017/12/05
No image

師走に入った1日、来年の干支(えと)の置物を子どもたちが綱で引く「干支引き」が兵庫県姫路市安富町安志の加茂神社(安志稲荷神社)であった。近くの安富西、安富中保育所の園児約80人が重さ約2・5トンの巨大な「戌(いぬ)」を引っ張った。

1977年から続く恒例行事。「日本の犬」をイメージした置物は高さ約6メートル、横幅と奥行きはそれぞれ約5メートル。地元の建設会社がヒノキを骨組みにして、酒米の稲穂を使い約1カ月かけてつくった。

No image

この日は春名正人宮司(59)がおはらいをした後、置物がクレーンでつり上げられ、神社の入り口まで約70メートルにわたり2本のロープで引っ張った。置物は赤い台座(高さ約3・5メートル)に設置され、来年3月末まで置く予定という。

安富西保育所の竹中俊太ちゃん(5)は「重かったけど楽しかった。犬は大きくてかわいい」と話していた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ベンツの運転手に絡まれ煽られていた軽自動車。しかし軽の方が一枚上手だった
肛門に空気入れ死亡か 逮捕の2人「ふざけて...」
JR大宮駅近くのビルで火事 20代女性が意識不明
風俗店の入るビル火災 重体女性が死亡 さいたま市
同僚の男2人に体内に空気入れられ男性が死亡
  • このエントリーをはてなブックマークに追加