新車販売総合トップは N-BOX、ホンダ車ではフィット 以来15年ぶり 2017年車名別

新車販売総合トップは N-BOX、ホンダ車ではフィット 以来15年ぶり 2017年車名別

  • レスポンス
  • 更新日:2018/01/11
No image

ホンダN-BOX

もっと画像を見る
日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会は1月11日、2017年12月および2017年(1~12月)の車名別新車販売台数(速報)を発表した。

●N-BOX、4か月連続トップ 12月

12月のランキングでは、昨秋新型モデルを発売したホンダ『N-BOX』が、前年同月比23.3%増の1万8458台で4か月連続トップとなった。N-BOXが月間新車販売で総合トップとなるのは2017年で8回目。圧倒的な強さを見せつけた。

2位は登録車トップのトヨタ『プリウス』で、同4.7%減の1万2175台。トップとの差は6283台と大きく引き離された。3位には同1.8%増の1万1660台を販売したトヨタ『アクア』が入った。

12月の車名別新車販売台数ランキング上位10車は以下の通り(カッコ内は前年同月比)。

1位:N-BOX(ホンダ)1万8458台(23.3%増)
2位:プリウス(トヨタ)1万2175台(4.7%減)
3位:アクア(トヨタ)1万1660台(1.8%増)
4位:ムーヴ(ダイハツ)1万0073台(13.9%減)
5位:デイズ(日産)9288台(18.7%減)
6位:スペーシア(スズキ)8757台(45.5%増)
7位:タント(ダイハツ)8741台(15.1%減)
8位:ワゴンR(スズキ)8284台(57.0%増)
9位:ヴォクシー(トヨタ)7545台(6.3%増)
10位:ノート(日産)7475台(39.7%減)

●N-BOX、初の首位獲得 2017年

年間ランキングでも、ホンダ『N-BOX』が前年比17.2%増の21万8478台で初の首位を獲得した。ホンダ車の総合トップは2002年の『フィット』以来、15年ぶり。

2位は前年トップのトヨタ『プリウス』で、同35.2%減の16万0912台。首位N-BOXとの差は5万7566台と、大きく引き離された。3位には、同38.0%増の14万1373台を販売したダイハツ『ムーヴ』が入った。

トップ10中、軽自動車は6モデル。昨年の3モデルから倍増となった。

2017年の車名別新車販売台数ランキング上位10車は以下の通り(カッコ内は前年同月比)。

1位:N-BOX(ホンダ)21万8478台(17.2%増)
2位:プリウス(トヨタ)16万0912台(35.2%減)
3位:ムーヴ(ダイハツ)14万1373台(38.0%増)
4位:タント(ダイハツ)14万1312台(9.4%減)
5位:ノート(日産)13万8905台(35.6%増)
6位:デイズ(日産)13万7514台(30.1%増)
7位:アクア(トヨタ)13万1615台(21.8%減)
8位:C-HR(トヨタ)11万7299台
9位:ワゴンR(スズキ)11万4711台(41.4%増)
10位:スペーシア(スズキ)10万4763台(28.9%増)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
18歳の大学生が重量1トンのIBM製メインフレームを購入してみたらどうなったのか?
有料道路運営事業、インドへ本格参入...東日本高速
メルセデス・ベンツ、V型6気筒エンジンを廃止して直列6気筒に切り替えると発表
YouTubeの規約改定で山本圭壱ら「芸人ユーチューバー」が軒並み退場!?
政府系商工中金、一大不正発覚、新社長の「経歴書」...名門銀行の大粛清主導した「四人組」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加