松本晋太郎が初防衛に失敗 「やりにくかった」と完敗認める

松本晋太郎が初防衛に失敗 「やりにくかった」と完敗認める

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2016/10/21
No image

「東洋太平洋スーパーミドル級タイトルマッチ12回戦」(17日、後楽園ホール)

4月に清田祐三(フラッシュ赤羽・引退)を負傷判定で破り、3度目の挑戦で悲願のベルトを巻いた松本晋太郎(31)=ヨネクラ=が、同級3位のジェイド・ミッチェル(30)=豪州=に10回0-3(92-99×2、92-100)の負傷判定で敗れ、初防衛に失敗した。

立ち上がりから猛然と襲いかかる相手に飲み込まれた。手数とスピードに圧倒され、4回には右目尻を切り裂かれた。「スピードは想定内だった」と言うものの、足も使われ反撃の糸口をつかめないまま、回を追うごとにポイントで大差を付けられた。

10回、前に出たとこで頭部がぶつかり合う偶然のバッティングで傷口が広がった。出血が激しくなり、レフェリーが試合をストップした。

松本は「やりにくかった。焦りがなかったと言えばうそになる。気持ちが先走って、大振りになった。中盤はボディーをコンビネーションにつなげたかったが、つなげさせてくれなかった。うまかった」と完敗を認めた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
長谷川穂積、心に残る対戦相手は「嫁」
本間・真壁組がワールドタッグ連覇 1・4にIWGPタッグ王座挑戦へ
高木・日大柔道部総監督の通夜で金野氏、原沢ら悼む
服部力斗がA級昇格初戦で勝利 亡き弟思い「弟を背負っていく」
「有効」「合わせ技一本」廃止  柔道ルール改正、一本目指す日本には“有効”
  • このエントリーをはてなブックマークに追加