iPhone限定の写真コンテスト、入賞作品が発表!大賞はiPhone7で撮影

iPhone限定の写真コンテスト、入賞作品が発表!大賞はiPhone7で撮影

  • iPhone Mania
  • 更新日:2018/07/21
No image

iPhoneで撮影した写真専門のコンテスト「iPhone Photgraphy Awards」(IPPAWARDS)の入賞作品が発表されました。Appleのティム・クック最高経営責任者(CEO)も、祝福のメッセージを送っています。

11回目を迎えたiPhone限定の写真コンテスト

初代iPhoneが発売された2007年から毎年開催されている「IPPAWARDS」は、今年で第11回を迎えました。

2018年のIPPAWARDSには、世界140以上の国と地域から、数千点の作品が寄せられ、その頂点に立った入賞作品が、現地時間7月18日に発表されました。

Appleのティム・クックCEOは、Twitterで祝福のメッセージを寄せています。

今年のIPPAWARDS受賞者の皆さん、おめでとうございます!世界各地で「iPhoneで撮影」された、ベストな写真のいくつかをご覧ください

Congratulations to this year’s @ippawards winners! Take a look at some of the best #shotoniPhone photography from around the world. https://t.co/sW6Uew7VYZ
— Tim Cook (@tim_cook)
2018年7月20日
from Twitter

大賞はロヒンギャ難民キャンプの様子

2018年のIPPAWARDSのトップ、大賞に輝いたのは、バングラディシュのジャシム・サラム氏がiPhone7で撮影した「Displaced(難民)」でした。

難民キャンプで、健康や衛生についての教育ビデオを観る、ロヒンギャの子どもたちを写しています。

「今年のフォトグラファー」1位はブラジルで撮影

「今年のフォトグラファー」1位になったのは、スイスのアレクサンドレ・ウェーバー氏がブラジルに旅行した際、iPhone6sで撮影した「Baiana in yellow and blue」です。

No image

「旅行」部門1位はモンゴルで撮影

ティム・クックCEOのツイートに引用されていた作品は、「Travel(旅行)」部門1位になった、日本とフランスを拠点とするアナ・アイコ氏がモンゴルでiPhone6sを使って撮影した「Silk Road」です。

No image

各部門の入賞作品が公開中

IPPAWARDSには、「Animal(動物)」「Nature(自然)」「Architecture (建築)」など、18の部門があります。

公式Webサイトには各部門の入賞作品が紹介されていますので、ぜひご覧ください。

2019年の作品を募集中

IPPAWARDSは現在、2019年の応募作品を募集しています。応募締め切りは2019年3月31日です。

対象はiPhoneまたはiPad、iPod touchで撮影された未公開作品で、FacebookやInstagramの個人アカウントに掲載した作品は応募可能です。

撮影や加工にiOSアプリを使用することはできますが、Photoshopなど、デスクトップアプリで加工された作品は対象外です。

使用するiPhoneのモデルは自由で、iPhoneに外付けレンズを取り付けた撮影も可能です。

我こそは!という方は、応募してみてはいかがでしょうか。

Source:iPhone Photgraphy Awards
(hato)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

Appleカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
月額制アプリの流行は、偶然じゃなかった? Appleはアプリ開発者にサブスクモデルを促進していたとの報道
Googleのエリートハッカー、Appleにボヤく!もらえるはずの報奨金は約2億7000万円
有機EL搭載の「iPhone XS」シリーズはApple Pencilに対応か
Apple京都、8月25日オープン 「今までなかったのが意外」「札幌は...?」「静岡にもはよ!」
米国、InfoWars騒動が加熱...人気陰謀論者をアップルやグーグルが排除
  • このエントリーをはてなブックマークに追加