又吉直樹がドラマ脚本に初挑戦! 舞台となる下積み時代の思い出の街・渋谷で「一人でブツブツ言いながら歩いています」

又吉直樹がドラマ脚本に初挑戦! 舞台となる下積み時代の思い出の街・渋谷で「一人でブツブツ言いながら歩いています」

  • TVガイド
  • 更新日:2017/10/11
No image

お笑い芸人で芥川賞作家の又吉直樹が、NHK総合で12月26日放送のドラマ「許さないという暴力について考えろ」(午後10:00)で脚本に初挑戦する。原作なしの完全オリジナル脚本を手掛ける又吉は、「渋谷を舞台にしたドラマの脚本を書きました。渋谷を実際に歩きながら、いろんな場面を想像するのが楽しかったです」とコメントを寄せている。

No image

ドラマの内容は明らかにされていないが、渋谷を舞台に、ほぼオールロケでの撮影が予定されており、キャストには10月14日スタートのドラマ「先に生まれただけの僕」(日本テレビ系)にも出演する森川葵、「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」(フジテレビ系)や「フランケンシュタインの恋」(日本テレビ系)などに出演した若手俳優の森岡龍が決まっている。

又吉は、上京したばかりの下積み時代に渋谷のライブハウスでネタを披露しており、又吉にとって渋谷は“東京の象徴”といえる。思い出の街・渋谷を自らの足で歩きながら構想を練っているようで、「ドラマが完成するまで渋谷を一人でブツブツ言いながら歩いていますが、元気なので心配しないでください」と冗談交じりにアピールしている。

キーワード

又吉直樹

森岡龍

森川葵

許さないという暴力について考えろ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

テレビカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
もはや需要なし? 背水の陣の井上真央主演ドラマ『明日の約束』は爆死スタート!
QJで「水ダウ」50ページ特集!芸人やスタッフ大集結、クロちゃんも目隠しで登場
堤真一が大河「西郷どん」の主演オファーを辞退した理由とは?
宮根誠司「ミヤネ屋降板」フジ新番組に電撃移籍へ
『ドクターX』新キャスト・野村周平が不評! 画面に映っただけでブーイングの異常事態
  • このエントリーをはてなブックマークに追加