栃ノ心大関初稽古で“ワイン汗”母国ではお祭り騒ぎで連日酒宴

栃ノ心大関初稽古で“ワイン汗”母国ではお祭り騒ぎで連日酒宴

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2018/06/14
No image

大関昇進後初の稽古で若い衆に胸を出した栃ノ心

大相撲夏場所後に大関昇進を果たした栃ノ心(30)=春日野=が13日、都内の部屋で大関として初の稽古を行った。前日に凱旋帰国していたジョージアから再来日。母国はお祭り騒ぎで連日酒宴だっただけに「汗?気持ち悪い。ワインが出てきた」とまずは“ワイン汗”を絞り出した。

場所後初、17日ぶりの稽古。師匠の春日野親方(元関脇栃乃和歌)の叱咤(しった)でお祝いムードも吹っ飛んだ。

「お前、(稽古を)やれないのか?。焦ってやらないとダメだぞ!」。まな弟子は慌てて若い衆に胸を出し約20分、なまった体に必死にムチを入れた。

母国では「大関~」とどこに行っても大声援。昨年11月に誕生した長女、アナスタシアちゃんを初めて抱っこした。「(自身と似ていると)少し思った。普通の7カ月の子より9センチも大きいんだよ」と、目尻を下げっぱなし。「きょうからまたやっていかないと。(名古屋場所の)目標は10勝」。英気を養い、新大関が始動した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

大相撲カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
貴乃花親方一門離脱で無所属「本人決断」阿武松親方
「貴乃花一門」消滅へ 貴親方が一門離脱し「阿武松グループ」に名称変更
元大砂嵐が男児誕生を報告「この子の為にも強くなります」
現役中に死亡した力士も?横綱の土俵入り不知火型(しらぬいがた)の短命ジンクスはどこから生まれた?
豪風39歳の誓い「魅了する攻撃的な相撲」現役続行の意思強く
  • このエントリーをはてなブックマークに追加