栗山監督「2カ月で差つく」若手にオフの重要性説く

栗山監督「2カ月で差つく」若手にオフの重要性説く

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/11/13
No image

厳しい表情で練習を見つめる日本ハム栗山監督(撮影・田中彩友美)

日本ハム栗山英樹監督(56)が13日、オフ期間の重要性を説いた。

この日、宮崎で行われた巨人との練習試合を終え、14日から自主トレ期間がスタートする。

試合後には手締めや打ち上げのあいさつは行われず、指揮官は「特に、この2カ月で差がつく。ちゃんと肝に銘じてやってくれ」と、若手が中心の選手に伝えたという。「オフは、引退した後のことを言うよね。好きな練習を好きなときにやることが出来ると思ってもらいたい」と、来季に向けて訴えかけていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
FA増井、監督出馬のオリに「熱意感じる」
名将か愚将か...セ・リーグの監督を査定する!【2017年版】
女性に乱暴容疑で逮捕された元阪神タイガース選手に球界衝撃
かつての大谷翔平のライバル...藤浪晋太郎は再生できるか
二刀流起用の本気度で計った大谷翔平獲得の本命球団とは?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加