最新ランキングをチェックしよう
約1億2300万円着服の職員「ギャンブルに使った」

約1億2300万円着服の職員「ギャンブルに使った」

  • テレ朝news
  • 更新日:2016/10/19

静岡県にある沼津信用金庫は、40代の男性職員が顧客から預かった約1億2300万円を着服していたと発表しました。 沼津信金によりますと、御殿場南支店の渉外係主任だった40代の男性職員は、2010年から今年にかけて定期預金が満期になるなどした12人の顧客に再び預けてほしいなどと嘘を言ってお金を受け取り、合わせて1億2300万円を着服したということです。男性職員は「競馬などのギャンブルに使った」と着服を

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
橋下氏 森友学園の不可解売却に「やはり政治介入か」
外食やコンビニ弁当を続けていると・・・ 「ミネラル不足」で大変なことに
創価学会、幸福の科学、オウム真理教... 日本の新興宗教の歴史
小6男子の飲酒運転で死亡事故 親の責任を問う厳しい意見も
ロシア人モデルが超高層ビルで命綱なしの危険な撮影 Instagramに投稿してビルオーナーから非難の声
  • このエントリーをはてなブックマークに追加