最新ランキングをチェックしよう
約1億2300万円着服の職員「ギャンブルに使った」

約1億2300万円着服の職員「ギャンブルに使った」

  • テレ朝news
  • 更新日:2016/10/19

静岡県にある沼津信用金庫は、40代の男性職員が顧客から預かった約1億2300万円を着服していたと発表しました。 沼津信金によりますと、御殿場南支店の渉外係主任だった40代の男性職員は、2010年から今年にかけて定期預金が満期になるなどした12人の顧客に再び預けてほしいなどと嘘を言ってお金を受け取り、合わせて1億2300万円を着服したということです。男性職員は「競馬などのギャンブルに使った」と着服を

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
Twitterで大炎上した札幌の飲食店が『デザートビュッフェ』の中止を発表 「本日をもちまして企画を中止することに致しました」
【フィリピン】元・ミスインターナショナルがPCMC(児童向け医療施設)を訪問
【籠池泰典氏証人喚問】詳報(1)昭恵夫人から100万円「大変名誉なので鮮明に覚えております」
【籠池泰典氏証人喚問】詳報(21)籠池氏が追及に逆ギレ 「たたみかけるようで執拗...失礼な話だと僕は思っている」
土地売却「相談受けたことない」籠池発言に稲田氏
  • このエントリーをはてなブックマークに追加