炎天下の甲子園、野々村元監督の「鍛えてたら死なない」に賛同の声も「“耐える”は教育に必要」

炎天下の甲子園、野々村元監督の「鍛えてたら死なない」に賛同の声も「“耐える”は教育に必要」

  • Business Journal
  • 更新日:2019/08/23

野々村直通氏の著書『やくざ監督と呼ばれて』(白夜書房)
 第101回全国高校野球選手権大会(夏の甲子園)は、履正社(大阪)が「大会ナンバー1投手」との呼び声高い奥川恭伸投手を擁する星稜(石川)を下して初優勝を飾った。球児が熱戦を繰り広げている一方、高校野球のあり方についての議論も白熱している。岩手県予選でも、今年もっとも注目されている佐々木朗希投手(大船渡高校)の起用法をめぐって、喧々諤々の議論が

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加