“らしさ”半減の中で阿部勇樹が譲れないと感じた勝負の肝は?

【浦和】“らしさ”半減の中で阿部勇樹が譲れないと感じた勝負の肝は?

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2016/11/30
No image

攻守両面で存在感を発揮した阿部。自らの決勝PKで大きな1勝を手にしたが、「まだ何も決まっていない」。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

[JリーグCS決勝 第1戦]鹿島 0-1 浦和/11月29日/カシマ

鹿島との第1戦に勝利した浦和だが、ペトロヴィッチ監督が「決して本来の攻撃の形が作れたわけではなかった」と語ったように、いつもの浦和らしい流れるようなパスワークは影を潜めた。それでも、試合巧者の鹿島に対し、浦和が勝負強さを発揮できた理由はなんだったのか。

決勝点となるPKを決め、貴重なアウェーゴールを奪ってみせた主将の阿部勇樹は、鹿島というチームの特性とともに、重要な勝負のポイントについて語っている。
「川崎との試合を見ていても鹿島は守備のところ、球際は徹底していた。それは変わらないと思っていた。相手は守備で勝ち抜けてきたわけだから、僕らも身体を張るところは張らなければいけない。そこで負けてしまっては相手の流れになってしまう」

この日の浦和は、前線の3人も含めて高い守備意識で、序盤から鹿島にほとんどチャンスを与えなかった。まさに「良い守備」から流れを掴む鹿島の良さを消した形だ。

しかし、鹿島も最後まで黙ってはいなかった。アディショナルタイムの5分を含め、終盤は鹿島の波状攻撃が続いた。最後は耐えて、凌いで掴んだアウェー勝利だった。

「まあ、ここでやる時はいつもあんな感じになる。セカンド(ステージ)の時もそうだったし。ただ、チームみんなで声を掛け合いながら、身体を張ってゼロで終われたことは良いことと考えなきゃいけない。あそこで取られたら、悪い流れを生んでしまう。ゼロで抑えられたのは第2戦に向けて良かったと思う」

浦和の“らしさ”半減といった第1戦の内容ではあったが、伝統的な鹿島のしたたかさや一発勝負の重圧に屈しない力強さを見せた。浦和は、第2戦のホームゲームで10年ぶりの栄冠を勝ち取れるだろうか。

「相手を恐れず、どれだけこの一年頑張ってきたことを結果として出せるか、それが一番必要かなと思う」

キャプテンは力強くそう語った。

【PHOTOギャラリー】阿部の決勝弾で浦和が敵地で先勝!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
“集大成”の一戦で痛恨ミス、V逸...槙野智章、悔しさを胸に再起へ
J1昇格のC大阪、玉田退団を発表「J1で一緒に戦えないのは残念」
史上初シーズン3度目の受賞! 清水FW鄭大世が11月のJ2月間MVPに輝く
尹晶煥新監督の就任を発表。"鬼プレス"を導入か
【サッカーコラム】サッカーは残酷...V逸の浦和はリベンジができない
  • このエントリーをはてなブックマークに追加