アイホ娘も困惑、平昌五輪でロシア除外「戸惑っている」

アイホ娘も困惑、平昌五輪でロシア除外「戸惑っている」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/12/06
No image

アイスホッケー女子の平昌五輪日本代表メンバー

国際オリンピック委員会(IOC)が、国家ぐるみでのドーピングが指摘されるロシアの18年平昌五輪参加を禁止したことを受け、アイスホッケー女子日本代表「スマイルジャパン」も困惑した。

7日から出発するフィンランド遠征では4試合を戦う予定で、そのうち15日にはロシアと対戦する。さらに、今月24、25日に長野で行われる壮行試合の相手も、今回処分が決まったロシアだった。

6日、都内で行われた五輪代表メンバー発表会見に出席した山中武司監督(46)は「昨夜から気になってネットを見ていたが、(処分を聞いて)正直、戸惑っています」と困惑した表情。現在世界ランク9位のスマイルジャパンは、五輪の表彰台を狙う上で同4位と格上のロシアを標的に強化プランを練ってきた。今年はロシアとのテストマッチを5試合を組んでおり、指揮官は「夏にも2戦2敗して、このチームを倒していい成績を出したいと思っていた。できれば(五輪に)出てもらいたい」と悲痛な声を上げた。

主将の大沢ちほ(25)=道路建設ペリグリン=は「まだ現状が分からないが、試合もあるので(壮行試合に)来ると信じてる。(ロシアが)五輪に出るか出ないかは気にせず、自分たちがやることに集中する」と話した。

IOCはロシア選手について、厳格な審査を受けた個人での出場を認めるものの、国旗、国歌の使用は認められない。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
今田耕司、美女格闘家RENAとの思い出に苦い顔
「ようやく僕を理解してくれた」岡崎慎司はいかにしてレスター指揮官の信頼を勝ち取ったのか
優勝候補スペイン、W杯出場権はく奪!? FIFAから警告も会長は自信
「ファンタスティック!」「非の打ち所がない」レスター指揮官が全得点に絡んだ岡崎慎司に脱帽!
人気急上昇中のビーナス! 韓国女子代表のイ・ミナはINAC神戸への入団が内定済

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加