名古屋駅の床で「ウニの化石」大量発見 なぜこんなところに?専門家に聞いた

名古屋駅の床で「ウニの化石」大量発見 なぜこんなところに?専門家に聞いた

  • Jタウンネット
  • 更新日:2019/12/10

普段何気なく歩いている建物の床に「化石」が埋まっている――。ちょっと信じがたい話だが、これが実際よくあることらしい。ツイッターでは、名古屋市科学館の学芸員・西本昌司さんのこんな投稿が話題になっている。「名古屋駅新幹線南待合室入口の床に、ウニの化石が4つあることを確認!ふだん人通りが多くてじっくり観察できないところをチェックできた」 新幹線の待合室で「ウニの化石」発見!(画像は西本昌司さんの

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加