WICASTRはエッジコンピューティングのためのプラットフォーム

WICASTRはエッジコンピューティングのためのプラットフォーム

  • TechCrunch
  • 更新日:2017/12/06
No image

コンテンツの配信は困難だ。顧客が待たなくても良いように、そして新しいデータの遅延が起きないように、なるべく顧客の近くにコンテンツを置いておきたいはずだ。それこそが、WICASTRがSMART Edge Platformを開発した理由だ。これは互換性のあるローカルルーターやアクセスポイントといった、ネットワークの終端近くまで、コンテンツを送り込むシステムだ。

「WICASTRは、エッジコンピューティングのための『オールインワンソリューション』です」と創業者のArmine Saidiは語る。「私たちは、Androidのエコシステムとも似ていますが、アクセスポイント、ルーター、その他のエッジデバイス向けのエコシステムを提供します。私たちはエッジ向けのアプリケーションを簡単に開発展開するための、ハードウェア、オペレーティングシステム、そしてアプリケーションストアソリューションを持っています」。

同社は100万ドルを調達し、TechStarsプログラムを完了した。彼らのエッジプラットフォームは、「アラブの春」に触発されたものだ。創業者たちは、ネットワークを封鎖しようとする政府によってもたらされる妨害に、耐えることのできるシステムを構築したかったのだ。

「私たちのチームが着手した使命は、政府による故意のモバイルネットワークシャットダウンの際にも、すべてのスマートデバイスを介することで、シームレスで中断されないコミュニケーションとコンテンツ配信を達成する技術を開発することでした」とSaidiは語る。こうすることで、ネットワーク上のデバイスがコンテンツプロバイダとして機能できるため、攻撃中にもデータが失われないことが保証される。

チームは7年間に渡って作業を続けており、IoT、ワイヤレス、ソフトウェア、ハードウェア開発、製造、そして流通に深い専門知識を持っている。彼らは現在20以上の有料顧客を抱え、Intel、Cisco、Deutsche Telekomと協力して強力なエッジ配信を構築中だ。

>

[原文へ]
(翻訳:sako)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ジョジョスマホの詳細が発表 -「擬音モード」や「スタンドカメラ」など
ポルノの主戦場が雑誌・DVDからオンラインへと進化することよって環境負荷が上がっている可能性
50型4Kで4万9800円の液晶テレビが本日発売。直下型LEDパネルや低遅延モード搭載、メイン基板は日本製
ドコモ「ジョジョスマホ」、1万台限定で発売 12万円
とにかくスゴい!DIME最新号の特別付録『3DIMENSIONS VR GLASS』の遊び方
  • このエントリーをはてなブックマークに追加