初日DR戦は吉川元が逃げる マスターズC 【福岡】

  • 西日本スポーツ
  • 更新日:2018/04/17

福岡ボートのプレミアムG1「第19回マスターズチャンピオン」(優勝賞金1000万円)が17日、熱戦の幕を開ける。今年から出場資格が48歳以上から45歳以上へ変更。SGタイトルホルダーが20人と、豪華かつ“濃い”メンバー構成となった。注目のエンジン抽選は、ダブルエースの67号機を今村暢孝、71号機を石川真二が獲得。前検の手応えこそ平凡だったが、仕上がれば“噴き出る”ロケット機だけに、調整手腕に注目が集まる。その他では上位機を手にした橋本久和、野添貴裕、渡辺英児が好感触。西島義則や山崎義明、吉田一郎も好戦歴機だけに、期待したい。初日メイン12Rドリームは、1枠吉川元浩のイン逃げを本命視した。

=2018/04/17付 西日本スポーツ=

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

ゴルフカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
人気プロゴルフコーチの中井学 AbemaTVツアー参戦、自分で解説も
小平智5月以降米ツアー専念「メジャーで上位争い」
中井学が史上初、自らのプレー解説しながらラウンド
小平智「勝負だな」宮里優作、石川遼と同組で闘志
小平智 凱旋Vへ意気込む 同組・石川遼との“直接対決”を歓迎
  • このエントリーをはてなブックマークに追加