川崎F悪夢の敗退払拭3発 中村「気持ちの勝負」

川崎F悪夢の敗退払拭3発 中村「気持ちの勝負」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/09/17
No image

清水対川崎F 後半、川崎F・MF中村はサポーターをあおり応援を求める(撮影・滝沢徹郎)

<明治安田生命J1:清水0-3川崎F>◇第26節◇16日◇アイスタ

アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)の準々決勝・浦和レッズ戦でショッキングな敗退を喫した川崎フロンターレが、清水エスパルスに快勝し悪夢を払拭した。

前半14分に直接FKで、MF中村憲剛(36)のキックをDF谷口彰悟(26)が頭で合わせて先制。同25分には、浦和戦でレッドカードで一発退場なったDF車屋紳太郎(25)のアシストからFW小林悠(29)が追加点。後半34分には、途中出場のFW森本貴幸(29)がダメ押し点を決めた。

浦和戦から先発を2人入れ替えた。MF森谷賢太郎(28)はパスを散らし、FW長谷川竜也(23)は得意のドリブルで仕掛けチャンスに絡んだ。森谷は、連戦で疲弊している仲間を思い「竜也と、走ることでみんなを助けようと話していた」。フレッシュな戦力が勢いをもたらせた。

悪夢の敗退から中2日。だれもが「今季一番大事な試合」と言い聞かせていた。鬼木達監督(43)は試合後「ACL敗退の後、難しい気持ちで戦った。しっかり結果を出せたことが一番の収穫。全員がチームとして、今日の試合が大事か分かっていた。今までやり続けてきたことが間違っていないこと、成長している姿をサポーターに見せようと声をかけた」と話した。

最年長のMF中村憲剛(36)も最後まで、スライディングタックルで体を張るなどチームを鼓舞し続けた。中村は「中2日しかなかったし、気持ちの勝負だと話していた。当日は悔しくて眠れなかった選手もいたと思う。でも(中2日で)日数も短いから切り替えるしかなかったし、そこに向かわないとプロではない。衝撃はあったけどリーグは続く。素晴らしいゲームができた」と話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
J3鹿児島ユナイテッドFCの「よかにせ」藤本 連続得点王で昇格決めるぞ
中島、首位ポルト相手に芸術的ゴールで今季3得点目
九州山口勢4人が決定戦進出 修了記念競走
中島翔哉がカシージャスから芸術弾!!2戦3発もチームは首位ポルトに屈する
中島翔哉が名門ポルトからもゴール! 2試合で3得点と絶好調

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加