海自艦が北朝鮮の密輸船監視 米国などと情報共有

海自艦が北朝鮮の密輸船監視 米国などと情報共有

  • テレ朝news
  • 更新日:2018/01/15
No image

動画を見る(元記事へ)

北朝鮮による石油精製品などの密輸を防ぐため、海上自衛隊が黄海などで去年末から警戒監視活動を実施していることが分かりました。

警戒監視をしているのは海上自衛隊の護衛艦や訓練支援艦で、パトロール中に北朝鮮のタンカーなどを発見すると追い掛けてデータを収集し、アメリカなどと情報共有をしているということです。国連の安全保障理事会は北朝鮮への石油精製品の輸出制限などを制裁決議していますが、公海上で船から船へと積み荷を移す密輸によってかいくぐられているとの指摘があります。海上自衛隊の活動には制裁決議の実効性を高める狙いがあるとみられます。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

中国・韓国・アジアカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
真冬にビキニ、セクシー店員のレストランが物議=中国ネット「単なる話題作り」「低俗すぎるけど好き」
田原総一朗「中国が北朝鮮を見放したことを示す『強烈なメッセージ』」
大雪の日本で交通事故、台湾女性が死亡―台湾メディア
中国人の日本に対する複雑な感情、当の中国人はどう考えているの?
中国の5つ星ホテル、トイレ掃除のブラシでコップ洗い処分=ネットからは諦めの声も
  • このエントリーをはてなブックマークに追加