大谷、初の“二刀流調整” フリー2発から投球フォーム確認

大谷、初の“二刀流調整” フリー2発から投球フォーム確認

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2018/02/14

エンゼルスの大谷が12日(日本時間13日)、米アリゾナ州テンピのマイナー施設で初めて二刀流調整を行った。フリー打撃では27スイングで柵越え2発。右翼の金網フェンスに挟まるライナー性の打球も飛ばし、マイナー選手を驚かせた。

No image

フリー打撃を行う大谷

その後は約50メートルの距離で、セットポジションからフォームを確認しながらのキャッチボール。米国入り後は投打どちらかに終始した練習だったが、短距離ダッシュ、ウエートトレなどを含め約4時間30分みっちりと体を動かした。13日(同14日)はバッテリー組の集合日。14日(同15日)にキャンプ初日を迎える。 (柳原 直之)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
スピードスケート女子初 小平奈緒が金メダル獲得
阪神島田バット◎も2盗塁死...失敗を糧に/新顔通信
小平の金に地元も歓喜 「タイムもメダルも最高」
大谷翔平、投手コーチに続き、打撃コーチも「完璧」と太鼓判
広島・高橋昂、中日相手に3回無失点 初回ピンチも「自分の投球できた」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加