高2の阿部詩が講道館杯初V 兄・一二三に「追いつけた」

高2の阿部詩が講道館杯初V 兄・一二三に「追いつけた」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/11/15
No image

講道館杯を初制覇した阿部詩

「柔道・講道館杯」(12日、千葉ポートアリーナ)

女子52キロ級決勝で、世界ジュニア女王の阿部詩(うた、17)=兵庫・夙川学院高=が、立川莉奈(福岡大)に延長戦で優勢勝ちし、初優勝を果たした。同大会では山本杏、朝比奈沙羅、嶺井美穂に続く史上4人目の高校生女王に輝いた。

阿部は「自分の柔道は一本を取りにいく柔道」と初戦から決勝まで投げにいく姿勢を貫いた。優勝候補として警戒される中で、4試合中2試合で一本勝ち。「今年一番目標にしていた大会なので、いつもは(優勝すると)ホッとするけど、今回は特にうれしい」と喜びを爆発させた。

14年大会に優勝した兄・阿部一二三と同じ高校2年で講道館杯を制し、「今の時点では(兄に)追いつくことができた。次は超えたいですね」と詩。一方で、観戦した兄の一二三は「強かった。落ち着いて戦っていたし、さすがやなって感じですね」と称賛し、「僕の(優勝した)時は勢いで勝ったけど、妹は研究もされる中で自分の柔道をした。自分も負けていられないですね」と刺激を受けた様子だった。

12月のグランドスラム東京大会(東京体育館)にはそろって代表に選出された。昨年は兄が金メダル、妹は銀メダルだったが、「次こそきょうだいで優勝する」と声をそろえた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
城戸康裕、木村ミノルともにタイトル挑戦に強い意欲
「合わせ技一本」復活 王子谷「かなり勝機ある」
K1卜部功也、タイトル挑戦誓う「ベルト欲しい」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加