IBM開幕2連勝 明治安田を52-0 Xリーグ

IBM開幕2連勝 明治安田を52-0 Xリーグ

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/09/17
No image

第1Q、41ヤード独走のTDを決めるIBMのRB高木稜(撮影・吉池彰)

<アメリカンフットボール:Xリーグ:IBM52-0明治安田>◇17日◇リーグ戦第2節◇富士通スタジアム川崎◇日刊スポーツ新聞社ほか主催

IBMが52-0と明治安田を圧倒して、完封勝ちした。IBMは開幕2連勝、明治安田は2連敗となった。

雨の中、IBMはRB陣が活躍した。第1Q4分2秒、末吉が2ヤードTDランで先制すると、同Q9分13秒には高木が右エンドゾーンまで41ヤードを独走し、鮮やかなTDを決めた。

IBMはその後も着実に得点を重ね、ブルックスとトゥアウのDLコンビを中心とした強力ディフェンス陣が、明治安田の攻撃を封じた。

山田ヘッドコーチ(HC)は「今日は前の試合(5日のオービック戦)でも課題だった試合の最初と最後をしっかりやろうと意識し、それを達成できた」とチームのデキに手応えを感じた様子。次は10月1日のノジマ相模原戦。山田HCは「QBガードナーが誰に投げるのか見極めたい。また、自分で持っていける力もあるので、そのランプレーをしっかりみんなで止めたい」と警戒しながらも、開幕3連勝に自信をのぞかせていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
阪神今岡コーチ退団が確実 ロッテ2軍監督要請へ
【MLB】会場は唖然、騒然...MLBで驚きの珍プレー、バントが“先頭打者弾”に
カープファンのアンガールズが「マツダスタジアムに看板」と優勝公約! 「キングオブコント」決勝進出10組が決定
ソフトBが楽天に久々敗戦 工藤監督、CS見据え「見せるも見せないもアリ」
TGS2017 コンパニオン100人撮り!【その3】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加