阪神安藤が今季限り現役引退 きょう会見で表明

阪神安藤が今季限り現役引退 きょう会見で表明

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/09/15
No image

阪神安藤

阪神安藤優也投手(39)が今季限りで現役引退することが14日、分かった。プロ16年目の今季は若手重用のチーム事情もあって1軍に昇格できなかった。体力の衰えもあり、12月で40歳になるチーム最年長投手は自ら決断した。今日15日に発表、兵庫・西宮市内で会見に臨む。

外角低め速球を生命線に奮闘したが、夏に入って引き際を悟った。ウエスタン・リーグでは8月初旬まで防御率0点台を保っていたが、その後は打ち込まれるケースが続いた。球団とは9月に入って、去就について話し合ったという。

それでも阪神の一時代を支えた功績は色あせない。星野監督が指揮した03年はセットアッパーに転向して51試合に登板し、18年ぶりのリーグ優勝に貢献した。05年は先発で11勝を挙げ、2度目の優勝を経験。昨季まで4年連続50試合以上登板し、先発、救援で通算77勝66敗11セーブ、92HPを重ねた。今後の進路は未定。今季の甲子園最終戦で引退試合を行う方向で25日DeNA戦が濃厚だ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
日ハム中田翔「FA阪神移籍」白紙撤回のピンチ!
日立製作所・鈴木に10球団視察 ロッテ・スカウト「素材は間違いない」
26日の予告先発 17勝目を目指す巨人菅野、今季無敗ホークス和田が先発
【MLB】メジャーNO1遊撃手が教科書のような頭脳プレー、解説「子供に見てほしい」
大谷翔平、メジャー移籍濃厚 日ハムはなぜアッサリ手放すのか
  • このエントリーをはてなブックマークに追加