日本郵便「正社員との待遇差」訴訟、契約社員への手当支払い命じる...東京地裁

日本郵便「正社員との待遇差」訴訟、契約社員への手当支払い命じる...東京地裁

  • 弁護士ドットコム
  • 更新日:2017/09/21
No image

判決の一報が伝えられた

日本郵便の契約社員3人が、正社員に支払われている各種手当が契約社員に支払われないのは労働契約法違反にあたるとして、日本郵便に計738万円の支払いを求めていた訴訟で、東京地裁は9月14日、日本郵便に計約92万円の支払いを命じる判決を言い渡した。

【おすすめ記事:「日本郵便は非正規19万人、他社にも大きな影響」…待遇差違法判決、原告側が会見】

労働契約法20条では、正社員と契約社員の待遇差について、「不合理と認められるものであってはならない」としており、原告側は、正社員と同様の業務に携わっているにもかかわらず、年末年始勤務手当や早出勤務手当、住居手当などの各種手当が支払われていないことや、病気休暇などの各種休暇がないことについて、違法であると主張していた。

判決では、年末年始勤務手当と住居手当の損害賠償を認め、夏季冬季休暇、病気休暇が契約社員に与えらえないことは、不合理な取り扱いにあたり、不法行為が成立すると判断した。

賞与など否定された部分もあるが、弁護団は「これまでの消極的な司法判断の流れを変えて、今後の非正規労働者の格差を是正していくための扉を開いた」と評価している。

(弁護士ドットコムニュース)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
東海道新幹線が緊急停止 乗客のタブレット出火
豊田真由子氏の秘書また退職 復帰後にお礼やねぎらいの言葉なく...
大卒より高卒が有利になるってホント?
道路のチョークの印、昔は駐禁いまは...? 京都府宇治市の画期的な取り組みとは
マンション6階ベランダで遊んでいた1歳女児が転落死
  • このエントリーをはてなブックマークに追加