Tスウィフトのセクハラ裁判「吐き気覚える」母証言

Tスウィフトのセクハラ裁判「吐き気覚える」母証言

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/08/10
No image

テイラー・スウィフト

テイラー・スウィフト(27)が2013年にセクハラを受けたとして、元ラジオDJデビッド・ミュエラーを訴えている裁判が米国時間の9日、2日目を迎え、スウィフトと母アンドレアさんも出廷した。

米ピープル誌電子版などによると、母アンドレアさんが米コロラド州デンバーの裁判所で行われた裁判の証言台に立ち、スウィフトから事件について知らされた時のことについて、「娘から直接聞いて、激怒した。彼は娘を性的に暴行したのです。ただの怒りではなく、吐き気を覚えると共に、泣きたくなった」と振り返ったという。

スウィフトは2013年のデンバー公演後、バックステージで記念撮影をしている間に、地元ラジオ番組のDJだったミュエラーにスカートの中に手を入れられた上、お尻をつかまれたと主張している。

アンドレアさんはさらに、スウィフトの関係者チームに相談し、「再び被害者を出さないためにも、ミュエラーの雇い主らにも知らせることが重要である」との考えで一致。警察への通報も考えたが、公にすることで、マスコミや世間の娘スウィフトに対する見方が変わることを恐れたと証言したという。

その後、ラジオ局から解雇されたミュエラーは2015年、スウィフトの誤った告発により職を失ったとして、300万ドル(約3億3000万円)の損害賠償金を求め訴えた。これに対し、スウィフト側もミュエラーを暴行罪で訴える逆訴訟を起こしたが、訴訟の形式上、わずか1ドルの支払いを求めている。

スウィフト本人も出廷した裁判初日の8日、ミュエラー側は、スウィフトの身体に触れた事実は認めたものの、「不適切な接触はなかった」として罪を否認した。裁判は9日間にわたり行われる予定で、スウィフト本人も証言台に立つことになっている。(ニューヨーク=鹿目直子)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外セレブカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
テイラー・スウィフト、ラジオDJからの痴漢行為を訴えた裁判で勝訴。2013年からの経緯まとめ
テイラー・スウィフト、元DJへのセクハラ裁判に勝訴 - 関係者に感謝
パリス・ヒルトン “トランプ大統領のセクハラ”暴露した女性らを「有名人になりたいだけ」
ケイティ・ペリー&オーランド・ブルーム、バイク2ケツ姿パパラッチ! 復縁から結婚か!?
アンバー・ハード、すでにスポーツ選手の新恋人?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加