最新ランキングをチェックしよう
“昭和”からの変革、「平成仮面ライダー」が提示した3つの功績

“昭和”からの変革、「平成仮面ライダー」が提示した3つの功績

  • ORICON NEWS
  • 更新日:2018/12/10

三世代にわたって愛される「平成仮面ライダー」左から、クウガ、カブト、電王、キバ、ダブル/「ジオウ&ビルド」製作委員会(C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・ 東映

 平成最後にして20作目の平成仮面ライダー『仮面ライダージオウ』(テレビ朝日系)が人気を誇っている。中高年には、藤岡弘(当時)演じる本郷猛の仮面ライダー1号、続いて2号、V3、アマゾンといった無骨で猛々しい「昭和仮面ライダー」がお馴染みだ

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テレビカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「胸糞悪い」「月9でやることじゃない」トレース、最終回11%超も視聴者からは大ブーイング
北川景子『家売る女』打ち上げで用意した商品券の額がヤバい
『トレース』千原ジュニアの“怪演”が「めちゃ気持ち悪い」と大反響
竹内結子が実践している「自分へのご褒美」が高畑充希にとって脅威なワケ
『いだてん』ピエール瀧の代役に挙がった“面白くも何ともない”名前
  • このエントリーをはてなブックマークに追加