チョン 全勝Vで初代王者に

チョン 全勝Vで初代王者に

  • tennis365
  • 更新日:2017/11/12
No image

全勝で初代王者に輝いたチョン : 画像提供 ゲッティイメージズ

男子テニスの21歳以下最終戦 ネクスト・ジェネレーションATPファイナルズ(イタリア/ミラン、室内ハード)は大会最終日の11日、シングルス決勝が行われ、第6シードのチョン・ヒョン(韓国)が第1シードのA・ルブレフ(ロシア)を3-4 (5-7), 4-3 (7-2), 4-2, 4-2の逆転で下して優勝を飾り、初代王者に輝いた。

この試合、チョンはファーストサービスが入った時に77パーセントの確率でポイントを獲得。4度のブレークに成功して1時間57分でタイトルを手にした。

21歳のチョンは今大会、予選ラウンドロビンで3勝をあげてベスト4に進出。準決勝では、第7シードのD・メドヴェデフ(ロシア)をフルセットで破って決勝進出を果たしていた。

現在の世界ランクは54位。今シーズンはBMWオープン(ドイツ/ミュンヘン、レッドクレー、ATP250)でツアー初のベスト4入りを果たし、全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)3回戦では、錦織圭とフルセットに及ぶ激闘を演じた。

一方、惜しくも大会初優勝を逃した20歳のルブレフは予選ラウンドロビンに続き、チョンに3連敗となった。

また、決勝の前に行われる予定だった3位決定戦は第4シードのB・チョリッチ(クロアチア)が試合前に棄権し、第7シードのメドヴェデフが3位となった。

【グループA】
A・ルブレフ 2勝1敗
D・シャポバロフ(カナダ)1勝2敗
チョン・ヒョン 3勝0敗
G・クインツィ 0勝3敗

【グループB】
K・カチャノフ(ロシア)1勝2敗
B・チョリッチ 3勝0敗
J・ドナルドソン(アメリカ)0勝3敗
D・メドヴェデフ 2勝1敗

No image

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テニスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
波形純理、豊田CH複V
ディミトロフが逆転で決勝進出、世界ランキング3位確定[ATPファイナルズ]
【大会7日目】フェデラーがゴファンに7戦目にして初敗北[ATPファイナルズ]
フェデラー 逆転負けで決勝逃す
ゴファン、フェデラー下し決勝へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加