巨人 村田 自由契約に鹿取GM「チームが若返りを図るため 苦渋の選択」

巨人 村田 自由契約に鹿取GM「チームが若返りを図るため 苦渋の選択」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/10/14

巨人は13日、村田修一内野手(36)と来季の契約を結ばないことを通知したと発表した。

No image

巨人・村田修一内野手

この日、村田は都内のホテルで鹿取GMと面談。報道陣の取材に応じた鹿取GMは「自由契約になりました。自由契約の方が彼の選択肢が広がると思った。チームが若返りを図るために、こういうことになりました。貢献してもらって感謝しています苦渋の決断だった」と説明した。

村田は02年ドラフト自由枠で横浜に入団し、12年に巨人にフリーエージェント移籍。今季は118試合に出場し、打率・262、14本塁打、58打点をマークした。通算の出場試合数は1953試合で、2000試合出場まであと「47」、通算2000安打まで、あと135安打。また、通算本塁打はここまで360本で、節目の400号まであと「40」本としている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
セ界打点王のDeNAロペスがV打「この勢いであしたも勝ちたい」
あのプロ野球ドラフト1位選手!引退と引き際について
石井コーチ 六回無死満塁無得点「勝負手を間違えた」
ラミレス監督◎継投!雨で2試合流れてできた選択肢
“ラミレスチルドレン”桑原が値千金同点打「つなぐ気持ちで打席に入った」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加