羽生竜王 国民栄誉賞受賞決定後の初白星 藤井聡太四段との公式戦初対戦の可能性に「実現すればうれしい」

羽生竜王 国民栄誉賞受賞決定後の初白星 藤井聡太四段との公式戦初対戦の可能性に「実現すればうれしい」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2018/01/14

将棋の羽生善治竜王(47)が13日、名古屋市内で朝日杯将棋オープンの本戦1回戦、準々決勝に連勝し、5日に国民栄誉賞受賞が正式決定してから初白星を挙げた。

No image

名古屋市での朝日杯将棋オープンで八代弥六段(左)に勝ち、準決勝進出を決めた羽生善治竜王

14日に同市内である同棋戦で藤井聡太四段(15)が連勝すれば、2月17日、準決勝で羽生―藤井の公式戦初対戦が決まる。「どこかで顔を合わせると思うが今回実現すれば非常にうれしい」と顔合わせを心待ちにした。

高見泰地五段(24)、八代弥六段(23)の若手を連破した羽生は「幸運でした。これを大切に次につなげたい」と振り返った。ともに後手番からの四間飛車で臨んだ2局。とりわけ八代戦は「3、4回負けたと思った」と告白する164手に及ぶ熱戦だった。昨年12月5日に竜王位を奪って永世7冠に輝き、将棋界初の国民栄誉賞が決まったこの1カ月は多忙な毎日だが、「リフレッシュして前へ進んでいきたい」と2018年の抱負を口にした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
カヌー薬物事件 鈴木康大選手を暴走させた“家族の重圧”
J1G大阪・クルピ監督が来日「いい選手いること証明するのが私の仕事」
第2の香川育てる!G大阪・クルピ新監督「同じことをできれば」
【ガンバ革新】高校2年生の大器、中村敬斗はなぜ浪速の雄を選んだのか
J1復帰の湘南ベルマーレ監督と清宮パパの意外な友情の絆
  • このエントリーをはてなブックマークに追加