高度3万フィートから「スーパームーン」を 親子向けフライト11月実施 JAL

高度3万フィートから「スーパームーン」を 親子向けフライト11月実施 JAL

  • 乗りものニュース
  • 更新日:2016/10/20
No image

2016年11月14日、JALとispaceが親子を対象とした「スーパームーン鑑賞フライト」を実施。いつもより大きく見える満月を高度3万フィートの機内から鑑賞できます。

「将来の夢を描くきっかけに」

JAL(日本航空)と、日本初の民間月面探査チーム「HAKUTO」を運営するispaceは2016年10月18日(火)、親子向けの「HAKUTOスーパームーン鑑賞フライト」を実施すると発表しました。

運航日は月と地球の距離が近くなる11月14日(月)。招待は小学生とその保護者、最大60組120人です。2社は、子供が航空や宇宙への好奇心を持ち、将来の夢を描くきっかけを提供したいとの思いからこのイベントを実施するといいます。

このチャーターフライト(無料)では、高度3万フィート(およそ9100m)からの「スーパームーン」鑑賞や「HAKUTO」に関連した講演を機内で実施。地上でも「折り紙ヒコーキ」のイベントや記念撮影が行われます。

応募は10月27日(木)で締め切られ、その後、抽選にて参加者が決定されます。発着は成田空港、使用される機材はボーイング767型機の予定です。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【ロサンゼルスモーターショー16】新型メルセデスAMG E 63 に「エディション1」...導入記念車
47歳、勤続15年でも年収360万円。真面目に働いても年収が上がらない“稼げない病”とは?
電通“長時間労働”解消へ1割を人事異動へ
大塚家具、広大なフロアに誰もおらず...久美子社長、放逐した父会長時代より業績悪化
国の借金1062兆円 「国民1人当たり837万円」の誤解
  • このエントリーをはてなブックマークに追加