任天堂の職種紹介ページが遊び心たっぷりで話題 制作チームの役割をクッパやドンキーに見立てて説明

任天堂の職種紹介ページが遊び心たっぷりで話題 制作チームの役割をクッパやドンキーに見立てて説明

  • ねとらぼ
  • 更新日:2016/10/20

Twitterをきっかけに、任天堂公式サイトの職種紹介ページが注目を集めています。任天堂で働く人たちの多様な役割を説明し、当事者の声を載せながら仕事内容を説明するもので、中でも注目を集めているのは制作企画系の「制作チームでの役割」です。

「制作チームの役割」では「社内でゲームを作る場合」(内作)と「外部の会社と協力して作る場合」(外作)の2パターンを、クッパやドンキーコングなどの人気キャラクター使った図で分かりやすく説明。内作の場合はプロデューサーがゲームのコンセプトを考え、ディレクターと相談しつつ自社のプログラマーやデザイナーと協力して作って行くのに対し、外作の場合はプロデューサーが他社と直接やりとりをする場合もある他、情報伝達に特化したコーディネーターを挟むことでやりとりを円滑にする場合もあるようです。

No image

なるほど分かりやすい(任天堂公式サイトの職種紹介より)

また図の中にも登場した制作企画系の代表的な役割として、ゲームのコンセプトを考える「ゲームプロデューサー」、開発チームを動かす現場監督「ディレクター」、細かなジッ作業を請け負う「プランナー」、チーム外の人との連絡窓口となる「コーディネーター」の4つをキャラクターを使用しながら個別に説明。ドンキーがプロデューサーでディディーがコーディネーターなど、イメージしやすい。

No image

やはりクッパはプロデューサー(任天堂公式サイトの職種紹介より)

また、職種紹介では制作企画系の他にもデザイン系や理工系ハードウェアなどさまざまな分野を紹介。「制作チームの役割」以外にもさまざまな興味深い話があがっています。

No image

Wii U GamePadの開発も一筋縄ではいかなかった様子(任天堂公式サイトの職種紹介より)

関連キーワード

任天堂 | ゲーム

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

ゲームカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
スーパーマリオのBGMを生みの親・宮本茂さんが演奏 番組ではNINTENDO SWITCHもお披露目
「進撃の巨人」の舞台化が決定
1,300万DL以上の大作降臨!杉田智和・田村ゆかりなど豪華声優陣で彩られた華麗に舞うARPG!「HIT – ヒット★4.5」、育成次第で戦略も変わる純粋コマンドバトルRPG!萌えるキャラだがやり込み系の本格派!「魔導時計クロノス★4.0」など、12/9のレビュー&オススメゲーム
猫がうさぎに大変身!猫専用のかぶりもの「かわいい かわいい ねこうさぎちゃん」が新登場
Super Mario Runを試してみたーー任天堂アメリカの社長に聞くマリオのモバイル展開

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

おすすめの特集

おもしろい・役立つ記事をピックアップ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加