オリックス近藤がプロ初勝利、西武菊池は5敗目

オリックス近藤がプロ初勝利、西武菊池は5敗目

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/08/10
No image

8回表西武無死から登板した近藤大亮(撮影・渦原淳)

<オリックス4-2西武>◇10日◇京セラドーム大阪

オリックスが初回、マレーロの9号ソロで先制。西武は2回に栗山が同点打。オリックスは3回に安達の2号ソロで勝ち越した。

中盤は両先発が好投。オリックス松葉は味方の好守にも助けられ、4~6回は無安打無失点。西武菊池も追加点を許さず。

西武は8回、浅村の13号ソロで同点に追いつくも、オリックスはその裏に吉田正が勝ち越しの2点打。近藤がプロ初勝利を挙げた。平野は20セーブ目。西武菊池は5敗目。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
西武菊池の反則投球に回答「ハーフスイングと一緒」
なぜ今夏の甲子園はボールが飛ぶのか。本塁打増を解明する3つの仮説
不祥事・山口が謝罪 本当に検討されていた契約解除
明豊、20日準々決勝 対天理「絶対に勝ちたい」
阪神・鳥谷が2000安打カウントダウングッズ発売
  • このエントリーをはてなブックマークに追加