吉田麻也、あわやPKのプレーもあり低採点。リバプールに3失点敗戦

吉田麻也、あわやPKのプレーもあり低採点。リバプールに3失点敗戦

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2019/04/06
No image

サウサンプトンの吉田麻也【写真:Getty Images】

イングランド・プレミアリーグ第32節の試合が現地時間5日に行われ、サウサンプトンがリバプールにホームで1-3の敗戦を喫した。先発でフル出場したサウサンプトンのDF吉田麻也に対し、多くの現地メディアは及第点を下回る評価を与えている。

マンチェスター・シティと激しい優勝争いを繰り広げているリバプールに対し、サウサンプトンは前半9分にシェイン・ロングのゴールで先制。だが前半のうちにナビ・ケイタのゴールで同点とされ、終盤にはモハメド・サラーとジョーダン・ヘンダーソンに決められて逆転負けとなった。

英『スカイ・スポーツ』は吉田のパフォーマンスに対し、チーム最低タイの「5」と厳しい採点。ケイタに対してPKを取られてもおかしくないタックルがあったことも指摘し、ロベルト・フィルミーノに対して良いブロックが1回あったのを除けば「やりにくそうだった」と評している。

『インディペンデント』紙も同じく「5」とチーム最低タイの採点をつけた。『90min』は採点「6」とし、チーム内で平均的な評価となっている。

地元メディア『リード・サウサンプトン』では、チーム最低タイではあるが「7」という採点。「無謀なタックルでPKを与えかけたが、全体的にはしっかりディフェンスラインを率いていた」と評価している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
レアル中井卓大、“和製モドリッチ”への挑戦 指揮官が明かす15歳MFの潜在能力
バルセロナがガチで行って振られた9名のスター、そしてその代役
BTSなど「世界で最も影響力ある100人」が選出。目を疑う人物まで...
【小宮良之の日本サッカー兵法書】早熟型よりも晩成型が多い日本人選手。世界的な「ブレイク候補」の筆頭格は堂安と冨安だ
セスクが辛辣リプライ!トッテナムレジェンドに「あんた誰」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加