宮里藍が好発進 現役最終戦でバーディーラッシュの68/米女子

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2017/09/15

エビアン選手権第1日(15日、フランス南東部エビアン、エビアン・リゾートGC=6479ヤード、パー71)現役最後の大会となる宮里藍(32)=サントリー=は5バーディー、2ボギーの68、3アンダーでホールアウトした。前日の悪天候で3日間54ホールに短縮された女子のメジャー最終戦で、好発進。午前組ではパク・スンヒュン(韓国)が8アンダーでホールアウトした。

一夜明けて日が差し込んだエビアン。宮里は出だしの10番(パー4)で第3打のアプローチを転がすとチップインバーディー。続く11番(パー4)でもバーディーを奪うとリズムに乗った。15番(パー5)でもバーディー。18番(パー4)でボギーをたたいたものの、前半を34で折り返した。

後半は1番(パー4)でボギーをたたいたが、3番(パー4)でバーディー。7番(パー5)でもスライスラインを読み、バーディーを奪った。8番(パー3)、9番(パー5)は惜しくもバーディーパットが外れたが、ホールアウト時点で4位につけている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

ゴルフカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
畑岡奈紗、藍にもらった助言胸に最年少2勝!「また米で戦う」/国内女子
松山英樹26位「調子を落としている時間が長い」
室田がシニア19勝!通算16アンダーで連覇&最多記録更新/国内シニア
松山26位変わらず ドライバー乱調「また感覚が悪くなった」
畑岡最速V2!どん底米ツアーから復活した背景には
  • このエントリーをはてなブックマークに追加