最新ランキングをチェックしよう

FIFA関係先を捜索 “皇帝”も対象に スイス検察

  • テレ朝news
  • 更新日:2016/12/01

2006年のサッカー、ワールドカップドイツ大会の招致を巡り、スイスの検察が詐欺などの疑いで、FIFA(国際サッカー連盟)の関係先を家宅捜索していたことが分かりました。 2006年のドイツ大会の招致を巡っては、ドイツ側からFIFAに670万ユーロ、日本円で約8億円が支払われていて、票の買収疑惑が取り沙汰されていました。スイスの検察は去年から詐欺やマネーロンダリングなどの疑いで捜査を行っていて、今回、

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
名門陸上競技部の男 女子寮に“忍び込み下着ドロ”
JR宇都宮線いまだ全面復旧せず 運行減で混乱続く
「大便騒動」新宿駅に続き秋葉原駅でも  利用客が目撃した「衝撃の場面」とは
2048年からやってきた「タイムトラベラー」が逮捕
エスカレーターの車いす転落 後ろにいた女性が死亡
  • このエントリーをはてなブックマークに追加