FIFA関係先を捜索 “皇帝”も対象に スイス検察

  • テレ朝news
  • 更新日:2016/12/01

2006年のサッカー、ワールドカップドイツ大会の招致を巡り、スイスの検察が詐欺などの疑いで、FIFA(国際サッカー連盟)の関係先を家宅捜索していたことが分かりました。

2006年のドイツ大会の招致を巡っては、ドイツ側からFIFAに670万ユーロ、日本円で約8億円が支払われていて、票の買収疑惑が取り沙汰されていました。スイスの検察は去年から詐欺やマネーロンダリングなどの疑いで捜査を行っていて、今回、数カ所を家宅捜索したということです。捜査対象には当時、ドイツの組織委員会で会長を務めたベッケンバウアー氏ら4人のほか、FIFA事務局長だったリンジ氏も加えられていて、スイスの検察は今後、巨額の支払いがどのように行われたかなどさらに調べる方針です。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
狂乱のASKA逮捕劇! その裏で、NHKクルーが怪しげな行動......「一目散に現場を離れていった」
わずかな衝撃でも...白い粉末は爆発物と鑑定
「室内から異臭が...」アパートに男女の遺体 親子か
飲酒運転隠すため飲酒...被害少年が恐怖語る
トレーラー横転 隣の車が産廃の下敷きに
  • このエントリーをはてなブックマークに追加