マインツ戦で珍事! ハーフタイム中にVAR使用...主審が選手を呼び戻しPKから再開

マインツ戦で珍事! ハーフタイム中にVAR使用...主審が選手を呼び戻しPKから再開

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2018/04/17
No image

マインツ対フライブルク【写真:Getty Images】

現地時間16日にブンデスリーガ第30節の試合が行われ、マインツはフライブルクと対戦し2-0の勝利をおさめた。この試合のハーフタイム中に珍しい出来事が起きていたと、16日に英メディア『ユーロスポーツ』が報じている。

試合開始して45分、マインツのダニエル・ブロンシンスキが放ったシュートはフライブルクのGKアレクサンダー・シュヴォロフに弾かれて先制ならず。結局、0-0のまま前半を終えて選手たちはロッカールームに引き上げている。

しかし、ハーフタイム中に主審がVAR(ビデオ・アシスタント・ レフェリー)を使用。ブロンシンスキが放ったシュートは、一度フライブルグのマーク・オリヴァー・ケンプフの手に触れた後にGKシュヴォロフが弾き出していたことが判明し、主審はPKの判定を下した。

ロッカールームに引き上げた選手たちを呼び戻し、マインツのPKから再開。フライブルクの選手は猛抗議したが判定は覆らず。会場がざわつく中、パブロ・デ・ブラシスは冷静にPKを決めてマインツが先制している。その後、79分にもデ・ブラシスがゴールを決めて、マインツは2-0の勝利をおさめた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
動きのキレ増し、より脅威に。帝京の196cmFW赤井主将(5枚)
藤井六段 棋王戦予選で決勝進出!終盤逆転で大石七段下す 高校生になってから無敗
世界驚愕の「85m弾」 GKの衝撃スーパーゴールに大反響「信じられない一撃」
CLリバプール対ローマ サラの超絶ゴールで2点リード
今夏フリーになる選手たち「理想の11人」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加