Appleが全従業員に製品情報のリークを警告するブログを投稿、その内容がリークされる

Appleが全従業員に製品情報のリークを警告するブログを投稿、その内容がリークされる

  • GIGAZINE
  • 更新日:2018/04/16
No image

ByhoustondwiPhotos mp

Appleの新型iPhoneの登場が近づくと、さまざまな所から新製品のリーク情報が飛び出してきます。Appleは従業員だけが見ることができる社内ブログに長文のメモを投稿し、社内のリーク協力者は見つかり次第厳しく罰され、会社から追放されて新たな職を見つけることも難しくなるとする警告を発信したのですが、その情報がまたもやリークされてBloombergによって報じられています。

In a Leaked Memo, Apple Warns Employees to Stop Leaking Information - Bloomberg

https://www.bloomberg.com/news/articles/2018-04-13/apple-warns-employees-to-stop-leaking-information-to-media

Appleが投稿したメモには、2017年だけで29人の従業員がリーク協力者として捕られらえ、うち12人は逮捕されるに至ったことが記されています。また、人物が特定されたリーク協力者は「Appleでの職を失うだけでなく、他の場所で仕事を見つけることも極めて難しくなる」とも記されているとのこと。

メモは、新製品の情報が事前にリークされることによるセールスの落ち込みについては否定しつつ、むしろ「顧客にApple製品を優れている点を説明する機会が必要だが、それは他の誰かによってつまらない方法で行われるべきではない」と、厳しめの表現で意図しない形で情報が漏れ伝わってしまうことの弊害を挙げています。

メモの中では、具体的なリーク事件の詳細をメディア名を挙げて公表しています。Appleではリーク協力者を発見するための技術にも多額の投資を行っており、特定能力は向上してきているとしています。2017年9月の新製品イベント直前にiOS 11の情報へのリンクを外部に漏らした従業員も人物が特定され、解雇されたとのこと。また、iPhone Xや新型iPad ProやAirPodsなどの情報をApple関連情報サイト「9to5Mac」のライターに提供した人物も特定されています。

No image

Byclement127

外部のサプライチェーンにおけるリーク協力者も見つかっています。Appleでは知的財産権を守るための専門の部署が活動を行っており、各サプライヤーのセキュリティレベルがAppleの基準に準じているかチェックを行っているとのこと。社の内外を問わず、リークに協力したものはAppleおよびその関連企業から解雇されるだけでなく、ネットワーク侵入や通商上の秘密の漏えいで連邦犯罪の罪を受けて懲役罰を受ける可能性があるとしています。

メモの最後は、Appleのマーケティング担当役員であるグレッグ・ジョズウィアック氏の「会社にいる全ての人たちは、最高の仕事をするために集まっています」「全ての従業員に貢献するための最良の方法は、情報をリークさせないことです」という言葉で締めくくられています。

リークに厳しい姿勢を表明したAppleですが、そのブログの情報がBloombergに「リーク」したことが問題にならないのか、そちらも気になるところです。

No image

ByFredrik Linge

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Appleカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
iPhone SE2は5月発売か
ITmediaニュース
アップルはなぜ赤いiPhone『(PRODUCT)RED Special Edition』を発売したのか?
Apple、WWDCに向けてiOS12とmacOS 10.14のテスト規模を拡大中
「iPhone SE 2」用ケース、早くも中国ECサイトで販売
iOS 11.3にアプデしたら最初に試したい iPhoneのバッテリー状態を確認する方法:iPhone Tips
  • このエントリーをはてなブックマークに追加