ワンスインナムーン好気配、3馬身先着/京都牝馬S

ワンスインナムーン好気配、3馬身先着/京都牝馬S

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/02/15
No image

ダートコースをキャンターで回るワンスインナムーン(撮影・丹羽敏通)

<京都牝馬S:追い切り>

17日の京都牝馬S(G3、芝1400メートル)で重賞初Vを狙うワンスインナムーン(牝5、斎藤誠)が好気配だ。石橋騎手を背に、坂路でマリオーロ(古馬1600万)を3馬身追走して3馬身先着。しまいいっぱいに追って4ハロン50秒6-37秒2-12秒0の好時計をマークした。

相田助手は「しまいの反応を見ようと直線しっかりやった。海外帰りだけど順調です」と話した。前走の香港Cは5番人気で12着に敗退も「体が減ってたし、参考外」と意に介さない。重賞初挑戦だった昨年のこのレースではレッツゴードンキの2着に好走した。前々走のG1スプリンターズS3着の実績からも、力は上位と言っていい。同助手は「去年より一回り成長している」と悲願の重賞タイトルを見据えている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
猫は人の言葉が解る?見失った子猫の居場所を先輩猫に聞いてみた時の話
【イラスト】『よくわかる埼玉県2018』が猛烈な勢いで拡散中! 埼玉の約70%は「片田舎」か「秘境」らしい
性欲を高めるフードアイテム10選
日本の家電製品にほとんどついている「2つの穴」、そんな大きな意味があるなんて知らなかった!=中国メディア
ロンブー・田村淳の青学大「全学部不合格」に批判殺到
  • このエントリーをはてなブックマークに追加