最新ランキングをチェックしよう
[新人戦]1対2で強気に仕掛けるも敗退。今年に懸ける正智深谷FWオナイウ情滋「研究されている中でももっとやらないと」

[新人戦]1対2で強気に仕掛けるも敗退。今年に懸ける正智深谷FWオナイウ情滋「研究されている中でももっとやらないと」

  • ゲキサカ
  • 更新日:2018/02/13

[2.12 埼玉県新人大会準々決勝 正智深谷高 0-2 浦和東高 西武台第2G]

 1プレーで会場を沸かせたあの舞台で、1年後に大暴れする。正智深谷高FWオナイウ情滋(2年)は、1年前の選手権でわずかな出場時間ながらも圧倒的なスピードを見せつけた快足アタッカー。16年U-23日本代表FWオナイウ阿道(現山口)を兄に持つこともあって注目度が高いオナイウは、高校生活最後の1年間をスタートさせている。

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
【極秘グルメ】ドラマ「孤独のグルメ」撮影が3日前に中止になった激ウマとんかつ屋 / 波止場のヤミ豚
「審判の笛は聞こえていたか」 日大選手会見、元関学QB有馬隼人の「重い質問」
被害選手の父親が毅然と会見 「つぶせ、壊せ、殺せと息子に言われたら、どの親も起こる!」
危険タックル指示「井上コーチ」 高校から宮川選手の「恩師」だった
日大選手「監督、コーチの指示とはいえ反省」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加