欧州為替:ポンド・ドルは1.3142ドルまで下落

欧州為替:ポンド・ドルは1.3142ドルまで下落

  • FISCO
  • 更新日:2017/10/13
No image

株式会社フィスコ

12日のロンドン外為市場では、ドル・円は112円23銭から112円42銭まで上昇している。米国10年債利回りが2.33%台まで反発したことや、ポンド・ドルの下落をきっかけに、全般的にドル買い気味になっている。

ユーロ・ドルは1.1851ドルから1.1867ドルで推移し、ユーロ・円は133円14銭から133円27銭で推移している。ユーロ圏の8月鉱工業生産は大幅な上振れとなったが、材料になっていないもよう。

ポンド・ドルは1.3257ドルから1.3142ドルまで下落。英国のEU離脱交渉の遅れへの懸念からポンド売りになっている。ドル・スイスフランは0.9726フランから0.9752フランまで上昇している。

<KK>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
マツダCX-8 重さとの戦いを制した3列シートの復活
マンションバブル崩壊、戸建て価格暴落の不気味な予兆
【東京モーターショー2017】トヨタが『TS050 HYBRID』『CROWN Concept』などを出展
若者はなぜ自民党を支持するのか
円安で日本へ回帰する日本の製造業―中国メディア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加