阪神ロジャースが4号2ラン 4点リードの五回に3点追加

阪神ロジャースが4号2ラン 4点リードの五回に3点追加

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/08/13
No image

5回、2ランを放ちナインとハイタッチをかわすロジャース=横浜

「DeNA-阪神」(11日、横浜スタジアム)

阪神が4点リードの五回、大山の左中間を破る適時二塁打、ロジャースの4号2ランで3点を追加した。

この回、西岡がフルカウントから三塁内野安打で出塁。激走でチームを鼓舞すると、続く大山だ。2-2から5球目。139キロの直球が真ん中に甘く入った。鋭い打球が左中間を破る。代走で出場していた森越が、一塁から一気にホームまで生還した。

大山は2試合連続で「3番・左翼」でスタメン出場。前日10日の巨人戦(東京ドーム)ではプロ初の猛打賞を記録するなど、結果を残し続けている。さらに続くロジャースは1ボールから2球目、真ん中高めの直球をバックスクリーン左に運んだ。左投手相手には打率・136と苦手にしていたが、リードを広げる貴重な一発になった。

2ゲーム差に迫られていた3位・DeNA相手に、ここまで7点のリードを奪っている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
あの宇部商「サヨナラボーク」の真実を、捕手・上本達之が明かす
三本松(香川)日下 広太監督、初の日本独立リーグ出身指揮官として聖地へ!
プロも騒然。広陵・中村奨成への7つの質問から探る「捕手の資質」
【ソフトバンク】大分のバケモノ・今宮健太がさらなるバケモノと戦った夏の記憶
清水の美女チアリーダー『オレンジウェーブ』を一挙に紹介!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加