日本シングルス2勝、ワールドグループ残留に王手

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/09/15

<テニス:男子国別対抗戦デビスカップ・ワールドグループ入れ替え戦日本-ブラジル>◇15日◇大阪・靱テニスセンター◇シングルス2試合

日本がシングルスで2勝を挙げ、18年ワールドグループ残留に王手をかけた。

第1試合に登場した世界42位の杉田祐一(28=三菱電機)が、同244位のクレザール(24)に6-2、7-5、7-6の2時間28分でストレート勝ち。幸先のいい1勝を挙げると、第2試合では同139位の添田豪(33=GODAI)が3-6、6-4、6-3、6-7、6-4のフルセットで、ブラジル1番手のモンテイロ(23)に勝ち2勝。16日予定のダブルス、17日予定のシングルス2試合、計3試合の内、1勝でもすれば日本のワールドグループ残留が決まる。

今対戦が、初采配となった岩渕聡代表監督は「本当に、この選手たちに勝たしてあげたいという一心で座っていた」。第1日の2勝については「理想的な形で初日を終えられた。しかし、まだまだ」と気持ちを引き締めていた。

◆WOWOW放送予定 男子国別対抗戦デビスカップ世界グループ・プレーオフ日本-ブラジル。15日(金)~17日(日)。連日生中継。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テニスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ムグルッサ、ウォズニアッキら4強が出揃う [東レPPO]
マッケンロー氏、レーバー杯がデビス杯の改革につながることを期待
バド奥原“ローギア戦法”で4強 準決勝相手は五輪女王でも「何とも思わない」
世界女王の奥原が準決勝進出、バドミントン・ジャパンOP
欧州チームが初日リード、ダブルス出場のナダルは惜敗 レーバー杯
  • このエントリーをはてなブックマークに追加