光岡、4人乗り三輪EV『ライク-P3』を大阪モーターショー2017で初公開へ

光岡、4人乗り三輪EV『ライク-P3』を大阪モーターショー2017で初公開へ

  • レスポンス
  • 更新日:2017/12/07
No image

光岡 ライク-P3

もっと画像を見る
光岡自動車は、新型三輪電気自動車(EV)『ライク-P3』を12月8日から11日までインテックス大阪で開催される「第10回大阪モーターショー」で初公開すると発表した。

ライク-P3は、2011年に発売したトライク型EV『ライク-T3』の派生モデルだ。ライク-T3が2人乗り+荷台(最大積載量100kg)の荷物運搬用途であるのに対し、ライク-P3は人の移動を主体とした4人乗りモデル。道路運送車両法では、250cc以下の側車付軽ニ輪車として扱われ、軽自動車と原付四輪車の中間的な位置づけとなる。

ライク-P3はリアオーバーハングに電池を搭載するなど、限りなく後輪軸への荷重配分を考慮して設計。最大安定傾斜角は42度と、三輪とは思えない安定性を実現。また、三輪にすることで最小回転半径2.3mと市街地でも扱いやすい仕様となっている。

光岡自動車では、観光地の周遊用途や大型施設でのサポートカー、高齢化・過疎化地域における移動の手段としての需要を大阪モーターショーで模索する。

全長2485×全幅1170×全高1075mmで、航続距離は約60km(40km/h定地走行時)。販売価格は未定。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
JR東日本とセントラル警備保障、「まもレール」のサービス対象駅拡大 7線111駅に
あの「リッツ」そっくりの商品が店頭に並び始めたワケ
大塚家具、経営危機へ...久美子社長の改革失敗、父・勝久時代より経営悪化
みずほFG株価に「取り残され感」 ライバルと決定的に違う「体質」
酒屋配達員が見た! つぶれる飲食店の意外な特徴
  • このエントリーをはてなブックマークに追加