イギリス、正式に「3人の親の遺伝子を持つ赤ちゃん」を認める

イギリス、正式に「3人の親の遺伝子を持つ赤ちゃん」を認める

  • ギズモード・ジャパン
  • 更新日:2018/02/13
No image

Photo: Gettyimages

新しい時代のはじまりか。イギリスで、3人の親を持つ赤ちゃんが公式に認められました。

BBCによると、イギリスのヒト受精・胚研究許可庁(HFEA)は、ニューカッスルの不妊治療センターに最初の実施許可を与えました。「3人親法」と呼ばれるこの技術は、ミトコンドリアに異常がある母親の卵子から核を抽出し、健康なミトコンドリアを卵子にもつドナー女性の卵子核と交換移植するというものです。MERRFという、ミオクローヌスてんかんや小脳症状を特徴とするミトコンドリア病が子供に遺伝するのを防ぐことを目的としています。MERRF患者は、発作、筋肉障害、そして最終的には認知症をはじめとするさまざまな疾患が認められます。

3人親法には現在2つの技術がありますが、得られる結果は同じと言われています。

ミトコンドリアは、体内のあらゆる種類の細胞の必須成分であり、細胞のエネルギー源として機能します。人体のあらゆる細胞には約2万3000個の遺伝子があり、その大半が細胞核内にあり、核DNAと呼ばれています。一方、ミトコンドリアにも、37個の遺伝子(mtDNA)が存在します。そしてこのmtDNAは母親からのみ受け継がれるので、ミトコンドリア病の女性の子供は、同様にミトコンドリアの異常が遺伝する可能性が高いのです。

3人親法の技術自体は最近になって登場したものではありません。米国を含むさまざまな国では、90年代に同様の処置が行われてきました。しかし、母親と同じ変異をもって産まれてしまったり、他の合併症を引き起こしてしまうなどのリスクが懸念され、FDAはアメリカではこの技術の使用を禁止。各国もその措置に非公式に従ってきました。

そして現在の3人親法の技術は安全であると考えられています。

アメリカとは異なり、イギリスでは長い間「3人の親を持つ赤ちゃん」が産まれる準備を進めてきました。2015年にイギリス議会では、ヒト受精・胚研究許可庁(HFEA)の長期にわたる審査プロセスの中で、この技術の使用の許可を可決。そして昨年、HFEAはニューカッスルの不妊治療センターに最初のライセンスを与えています。しばらくは、この3人親法の使用が適切かどうかは、案件ごとにHFEAによって審査されます。

現在はミトコンドリア病の遺伝子疾患が認められる場合にのみ、3人の親の遺伝子を持つ子供が登場するケースが認められましたが、受精卵の段階で意図的に遺伝子操作を行なう「デザイナーベイビー」を産み出したいという流れを加速させる恐れもありますよね。優生学的に倫理的に、この遺伝子操作の技術はどう発展されるべきなのか…。今後も着目していきたいと思います。

Photo: Gettyimages

Ed Cara - Gizmodo US[原文
(mayumine)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
1万年前に描かれた洞窟の壁画は宇宙人なのか?NASAに調査を依頼(インド)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加