浦和、10年ぶり年間Vへ王手!興梠がかつての本拠地でPK獲得

浦和、10年ぶり年間Vへ王手!興梠がかつての本拠地でPK獲得

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2016/11/30

明治安田チャンピオンシップ決勝第1戦(29日、鹿島0-1浦和、カシマ)ホームアンドアウェー方式の決勝第1戦が行われ、浦和(年間勝ち点1位、第2ステージ優勝)が鹿島(同3位、第1ステージ優勝)を1-0で下して先勝。後半12分にFW興梠慎三(30)が得たPKをMF阿部勇樹(35)が決めた。浦和は2006年以来10年ぶりの年間優勝に前進。第2戦は12月3日に埼玉スタジアムで行われる。年間優勝のチームは8日開幕のクラブW杯に開催国代表として出場する。

均衡を破ったのは後半12分だ。FW興梠がペナルティーエリア内で倒され、PKを獲得。MF阿部が冷静に決めて先制。これが決勝弾になった。

「FWとして最低限の仕事ができた。ラッキーだけど、これも相手DFとの駆け引きだ」

30歳のベテランが満足げな表情を浮かべた。鹿島DF西の徹底マークに「前に入れば体を当ててくる」と察知。柏木の右クロスに反応し、思惑通り、反則を誘った。ボールを保持するたびに古巣サポーターから容赦ないブーイングを浴びたが「気持ちよかったよ」。17冠を誇る鹿島を撃破した喜びに浸った。

「欲を言えば2-0で勝ちたかった」。興梠は自身のシュートがわずか1本に終わった攻撃を猛省。ただ、「前線の3人が守備でがんばろうと話し合った。全員守備の勝利」と8月27日のリーグ神戸戦以来の同時先発となったKLM(興梠、李、武藤)が、守備で貢献した。

2012年オフ、興梠は鹿島から浦和に移籍した。移籍が決まる直前、鹿島クラブハウスに浦和サポーターから「お前なんかいらない」という心ない手紙が10通以上も届いた。そんな“ジャブ”にも「逆に、見返して浦和を優勝させようという思いを強くした」。4シーズン目にその思いをついに具現化できる。

「ホームで優勝を決めたい。自分がゴールを決めてね」

第2戦のチケットは6万近くが完売しており、埼玉スタジアムは真っ赤に染まる。古巣に最高の恩返しをしたとき、興梠がダイヤモンドの輝きを放つ。 (宇賀神隆)

PKを冷静に決めた浦和・主将MF阿部「決めなければいけないPKだった。自信を持って蹴れた」

浦和・DF槙野「ハードワークとか激しい守備とか、国内でも、これだけのサッカーができるんだというところを見せられたと思う」

データBOX

◎…2004年まで実施された9度のチャンピオンシップと、昨年の決勝では、第1戦を制したチームが必ず優勝している。引き分けは2度。初戦の黒星から逆転優勝したケースはない。

Jリーグチャンピオンシップ

決勝ホームアンドアウェー方式で争われ、2試合で勝利数が多いチームが優勝となる。勝利数が同じ場合は(1)2試合の得失点差(2)2試合のアウェーゴール数(3)年間勝ち点1位チーム-の順で勝敗を決定する。年間勝ち点1位の浦和は1-0で先勝したことで、第2戦に0-1で負けてもタイトルを獲得できる。年間勝ち点3位の鹿島は2点以上奪って勝てば、逆転での年間王者となる。

No image

PKを決めた阿部(右から2人目)を祝福する浦和イレブン。10年ぶりの年間王者に大きく前進した(撮影・蔵賢斗)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
[MOM412]静岡産業大FW藤田脩人(3年)_初の全国で先制点! 監督期待の“持っている”男がチームを救う
[MOM411]法政大FWディサロ燦シルヴァーノ(2年)_“ラストワンプレー”で結果残した「顔つき変わった」点取り屋
鹿島石井監督「4試合勝って終わりたい」クラブW杯
初のJ1昇格逃した岡山、一気に8選手の契約満了を発表
東海得点王のFW畑潤基、J内定GKの牙城崩すも「まだまだ実力不足」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加