レイカーズの新人ボールが史上最年少でトリプルダブルを達成

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/11/12

NBAのドラフトで全体2番目に指名されたレイカーズのポイントガード、ロンゾ・ボール(20歳)が11日に敵地ミルウォーキー(ウィスコンシン州)で行われたバックス戦で19得点、12リバウンド、13アシストをマーク。レブロン・ジェームズ(キャバリアーズ)がNBA2季目の2004年シーズンに達成したトリプルダブルの最年少記録を4日更新し、20歳と15日で個人記録の3部門に2ケタの数字を並べた。

しかし試合は90―98(前半49―51)で敗れて3連敗で5勝8敗。ボールはトリプルダブル以外に4ブロックショットと3スティールを記録し、ドラフト全体27番目指名の新人フォワード、カイル・クーズマ(27歳)も21得点と11リバウンドをマークして奮闘したが、勝利には結びつかなかった。

バックスは6勝6敗。得点部門で1位に立っているヤニス・アデトクンボ(22歳)が33得点と15リバウンドをたたき出し、4連敗のあと白星を2つ並べた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
日本一売れてるクルマN-BOX 新型の死角は純マイルドヤンキー仕様のデザイン!?
張本氏「貴乃花が一番面白くない」日馬富士暴行問題
大興奮♡男が“されて嬉しい”彼女のエロテク
白バイに止められて「最悪」と思ったら単にマフラー音を聴きたいだけだった! 「こういう人好き」「寿命が縮まる」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加