彩風咲奈、主演ミュージカル「再出航だ」大阪初日

彩風咲奈、主演ミュージカル「再出航だ」大阪初日

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/09/16
No image

新生雪組メンバーを率いて外部劇場初主演した彩風咲奈(右端)、ヒロインの彩みちる(中央)と、芝居巧者ぶりを発揮した若手スターの永久輝せあ(左端)(撮影・村上久美子)

新生雪組の人気スター彩風咲奈(あやかぜ・さきな)主演のミュージカル「『CAPTAIN NEMO』…ネモ船長と神秘の島…」が16日、大阪市北区のシアター・ドラマシティで幕を開けた。

「キャプテン・ネモチーム、本日より再出航だっ!」。センターに立った彩風が、腕をあげて初日のあいさつを行った。

彩風の外部劇場初主演作は、すでに東京・日本青年館ホール公演を終え、今回は、劇団の地元・関西へ凱旋(がいせん)。しばらくの休養をはさんでの大阪公演開幕に、彩風は「日本青年館ホールでの公演を終えて、しばらくノーチラス号とともに海に沈んでおりましたが、本日、大阪に上陸しました」と告げた。

今作は、SFの名作「海底二万里(マイル)」を原作に、彩風は、南大西洋の神秘の島を守ろうとする、潜水艦「ノーチラス号」のネモ船長を熱演している。劇団代表作のひとつ「風と共に去りぬ」の「レット・バトラーをイメージ」して、役柄を作り上げてきた。

新トップ望海風斗(のぞみ・ふうと)が率いる新生雪組は、2班に分かれて公演中。彩風は、その1班の主演を任された。凜(りん)とした立ち姿、毅然(きぜん)とした表情で、島民を守ろうとする主人公を演じきった。

ヒロインのレティシアは彩(いろどり)みちる、英海軍の少佐役は月組から移ってきた朝美絢(あさみ・じゅん)、遭難してきた新聞記者役は、若手スターの永久輝(とわき)せあが好演。各スターが個性を発揮し、大阪公演の船出を迎えた。

シアター・ドラマシティでの公演は24日まで。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「ブレードランナー 2049」強烈なSF世界観に没入!  IMAX3D上映が決定
『散歩する侵略者』をよりディープに楽しむための、必須映画11本!
9月20日の注目映画第1位は『オー・ルーシー!』
傑作『散歩する侵略者』は松田龍平のケムール人走りを見る映画!
【動画】ジェニファー・ローレンスが誘惑する女を演じる映画『Red Sparrow(原題)』、トレーラーが初公開

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加