侍“ジョーカー”だ!虎唯一の日の丸・石崎、1回0封デビュー

侍“ジョーカー”だ!虎唯一の日の丸・石崎、1回0封デビュー

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2017/11/14

16日に開幕する「ENEOS アジアプロ野球チャンピオンシップ2017」に出場する日本代表が13日、宮崎市の清武SOKKENスタジアムで西武と本番前最後の練習試合を行い、6-0で完勝した。5-0の七回に登板した石崎剛投手(27)=阪神=は150キロを超える速球を連発し、1回を1安打無失点。稲葉篤紀監督(45)は「勝利の方程式」の一角を任せることを明言した。日本代表は合宿を打ち上げた。

「ズドーン」という重い音が響き渡った。阪神からただ一人、侍ジャパン入りを果たした石崎が、“デビュー登板”で150キロ超を連発。登板直前に降り出した雨を切り裂くような剛速球で若獅子軍団をねじ伏せた。

「雨はまったく気にならなかった。自分の(調子の)バロメータは真っすぐの力強さ。右打者にも左打者にも、ストライク先行でいけました」

5-0の七回に5番手でマウンドへ。先頭の木村文には左前打を許したものの、戸川、代打の斉藤、駒月に対して最速152キロの直球とスライダーのコンビネーションで1回を1安打無失点にまとめた。

零封リレーを成し遂げた7投手の中でも力強い投球を披露した右腕について、建山投手コーチは「石崎は、右や左に関係ない。パワーで抑えられている」と絶賛。ロングリリーフも可能で「六回から投げてもらう可能性もある」とイニングまたぎの力投にも期待した。

稲葉監督は「石崎と又吉(中日)は同じサイドだけどタイプが違う。石崎はパワーボールで、又吉は切れ。七、八回は2人のどちらかになる」と、『勝利の方程式』の一角を任せることを明かした。九回は守護神の山崎康(DeNA)、七、八回は石崎と又吉が流動的に登板する。

27歳で侍ジャパンに選出された石崎は、又吉とともにチーム最年長。9日からの宮崎合宿ではキャッチボールなど行動をともにして「僕は上体だけで投げている。(又吉のように)体全体をしっかり使って投げないといけない」と、同級生に刺激を受けてさらなる高みを目指している。

「(調整は)思い描いているようにできていると思う。あとは本番でやるしかない」

稲葉ジャパンの“ジョーカー”としてフル回転する覚悟だ。 (柏村翔)

No image

1回無失点と好投した石崎。稲葉監督は「勝利の方程式」の一員として期待している(撮影・村本聡)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
恩師・郭李が予言!阪神新助っ投・呂は「将来的に日本で成功するはず」
情報戦でV奪回!巨人に『侍の頭脳』志田宗大スコアラー招へいへ
京大卒のロッテ戦力外田中、引退し三井物産へ就職
「新リプレー検証」導入と同時に知ってほしい審判の苦労
セ新人王の2位票「阪神・大山49票」「横浜DeNA浜口27票」を巡って騒動
  • このエントリーをはてなブックマークに追加