小栗旬「初日で役者失格」 恥ずかしくて沢尻の胸触れず、沢尻「もっとこいよ!」

小栗旬「初日で役者失格」 恥ずかしくて沢尻の胸触れず、沢尻「もっとこいよ!」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2019/09/15
No image

沢尻エリカ(右)の撮影時の裏話に照れくさそうな表情を浮かべる小栗旬(中)と爆笑する二階堂ふみ(左)=丸の内ピカデリー1(撮影・棚橋慶太)

俳優の小栗旬(36)が14日、都内で行われた主演映画「人間失格 太宰治と3人の女たち」の公開記念舞台あいさつに登場した。天才作家・太宰治を演じた小栗は、太宰の愛人で弟子の太田静子を演じた沢尻エリカ(33)から「胸を触って来なかった」とキツい指摘を受け「初日で役者失格だと思いました」と明かした。

問題のシーンは初日に撮影された。沢尻は「初日のバーのところで最初からキスシーンだったんですよ。小栗さんは慣れていらっしゃると思っていたんですが、全然来ないんですよ。そういうお芝居なんで、もうちょっと胸に触ってぐいぐい来るかと思ったら、全然来ないんで“もっとこいよ!”と思ってました」と暴露。これには小栗は「初日から役者失格でした。触るのが恥ずかしくて、“よく、こんなことするな”と思ったりして。反省しました」と照れ笑いするばかりだった。

小栗はもう1人の愛人・山崎富栄を演じた二階堂ふみ(24)からは「最後の雪のシーンで足が動かなくなって塩水につけていたのを見ました。役者魂を感じました」と称賛されたが、これにも「減量ミスです。塩分なくして脱水症状を起こしてしまいました」と反省するばかり。

小栗はそこまでに至る事情を「太宰をやることになってから15~6キロ減量しましたが、最後の雪のシーンでは60キロしかなかった。計算して落としていけばよかったんだけど、最後の最後でガツンと落とそうとしたから体に来てしまった」と説明した。蜷川実花監督(46)も「日ごとに体重は落ちていくし、顔色も悪くなっていく。どこまでもつのかと心配でした。最後のシーンはきりぎり、壮絶でした」と振り返った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
佐野ひなこ“おっぱいアピール”大量増加に大興奮「鼻血もんですわ」
AKB矢作萌夏“谷間モロ出し”写真を公開「高2でこれは末恐ろしい...」
吉田沙保里が欠席の『ZIP!』にまさかの評価「いないと画面が...」
大橋未歩アナ、TV出演時の衣装“胸ばっか見ちゃう”視聴者指摘に...
浜辺美波「友だちいない」発言に“ほぼ全員”が納得する理由
  • このエントリーをはてなブックマークに追加