西武1位斉藤大将初シート登板 打者10人被安打3

西武1位斉藤大将初シート登板 打者10人被安打3

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/02/14
No image

シート打撃に登板した西武斉藤大将(撮影・古川真弥)

西武のドラフト1位、斉藤大将投手(22=明大)が14日、宮崎・南郷キャンプで初めてシート打撃に登板した。

打者10人に投げ、被安打3。最速は138キロだった。甘く入った球は打たれたが、打者の手元で微妙に変化する真っすぐでゴロを奪った。

降板後「意外と良かったです。自分の投球ができてから、結果を求めないといけない。打ち損じで結果が良くても意味はないので。今日の感じで投げられたら、結果を求めていきたいです。まだスピードは足りてませんが」と冷静に振り返っていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
2年間盗塁ゼロの西武栗山が二盗企図「隙あらば」
中日高橋が実戦初本塁打「状態いい」/今日の一番
日本ハムD1・清宮は急性胃腸炎
腹痛で練習早退...急性胃腸炎でした/今日の清宮くん
ロッテ菅野「藤岡の勢いに乗って行けた」 2番に入り適時三塁打2本!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加